小川謙三の毒にも薬にもならない話

年間ブログを350日更新したらそこそこの額稼げる説を検証していました。

タイプウェルへ回帰

こんばんは。タイプウェルの練習を再開します。極論を言えばタイプウェルはある程度のランクまで進んでしまえば実用と関係がありません。それでも再開するのはなぜか理由を説明します。

現状本気で自作配列を普及させようとしている方を、私は3人しか知りません。個人名を挙げるのは避けますがそのうち2人が私以上の記録の持ち主です。その状況で私が配列がどうの、タイピングがどうのと言っても説得力がない気がします。勝てる気はしませんがもう少し記録を上げておいても悪くはないはずです。

  • 実用に対して有効な練習手段を見つけられていない

実用向けにWeather Typingやクイズ用のフリーソフトを使った方法で練習しているのですが、有効な練習なのか私自身信じられずにいます。本気になれる練習法に戻したいです。

  • phoenixかな配列の記録がなっとさんに迫られている


なっとさんが46秒台の記録を出されています。私は44秒台ですがもう少しで抜かれてしまいそうです。長い目で見ればいつかは抜かれてしまうのでしょうが、せめて説を達成するまでは守りたいです。

今日の練習実績画面です。

去年の記録が少し残っていますがいいとします。毎日このペースでノーミス打ち切り回数を増やせれば記録更新も見えてきそうですね。

もちろん速度を無理に上げるのではなく、まず打ち切ることを最優先に意識しています。なぜか以前よりも打ち切りにそこまで苦労していない気がします。力を抜けているのかもしれません。

まずは去年の自分(44秒台)が目標です。できればコジオンさんの記録(39秒台)に迫りたいですが流石にそれは欲をかきすぎですね。無理をしないように毎日練習を積んでいければ十分です。