小川謙三の毒にも薬にもならない話

年間ブログを350日更新したらそこそこの額稼げる説を検証していました。

タイプウェルで見る数字 その2

こんばんは。Weather Typingはだいぶ良くなってきましたがその分タイプウェルの調子が悪いです。やはりどちらも上げるのは難しいですね。

昨日書いたタイプウェルの数字に関するエントリのアクセス数がそこそこよかったので、今日は理論について書こうと思います。練習時に各ラップのタイムの目安をどこに置くかという問題があります。

私はミス制限を0に設定しています。そしてミスを抑えるためには、一定のペースを保つ必要があるという持論があります。必要以上にペースが遅すぎるとミスが出やすいという考え方です。それゆえラップタイムは非常に重要な数値と言えます。

私の独断と偏見を根拠に、ラップタイムの目安は以下の式で算出しています。目標とするタイムをxとします。
(x+10)/8
分母の8は全8ラップで、10はペースが落ちるのを見越してのマージンですね。

今の目標を決めた当時の私ですと48秒台で99位以内には入れましたから、目標タイムを48秒としました。この式に当てはめると(48+10)/8=7.25が目標のラップタイムです。これより遅いと問題があると判断しています。

人によっては遅すぎるようにも感じるかもしれませんが、意外とTOP15にもこれくらいのラップタイムが残っていたりするので一概には言い切れないと思います。各自で調整していただければ幸いです。