小川謙三の毒にも薬にもならない話

年間ブログを350日更新したらそこそこの額稼げる説を検証していました。

タイプウェルで陥りがちな罠

こんばんは。タイプウェルを打っていて明らかに去年と変わった点があります。ノーミスで打ち切りやすくなっています。

去年は1日で10回打ち切るのが精一杯でした。もちろん去年より技術的に向上しているのもあるでしょうが、精神面も大きいのではないかと考えています。

以前は記録にこだわりすぎて基本をおろそかにしていました。また結果が出ない焦りから速度を上げてミスの確率が増える悪循環に陥っていました。私以外のタイパーの方も似たような経験があるかもしれません。

記録を出したいという気持ちは自然な発想です。自分の技術を向上させたいと言うよりは自己顕示欲とか承認欲求とかそういう類の欲望です。正直今もその気持ちはあります。欲だらけですね。しかし記録を出したいと思えば思うほど更新からは遠ざかります。

もどかしいですが、そんな状態に陥ったら精神状態をフラットに戻すべきでしょう。自分に何が足りないのかを冷静になって見つめ直してからでも練習は遅くありません。場合によっては運動や睡眠に食事、そういう生活の基本まで再確認してもいいくらいです。

必要以上に自分を追い詰めすぎず、焦らずに打ちたいものです。もちろん私自身まだまだ不十分な点が多いですが、こういう視点が一つ増えるだけでも練習が変わる気はします。