小川謙三の毒にも薬にもならない話

年間ブログを350日更新したらそこそこの額稼げる説を検証していました。

隙間

大岡さんが長時間における打鍵速度についてエントリを書かれています。
oookaworks.seesaa.net
oookaworks.seesaa.net
2時間で800/10分ペースは私から見るとすごく早いですね。私は30分でも保てるかどうか怪しいです。薙刀式のマニュアルを見る限り大岡さんはMS-IMEユーザーと推測できますから、なおさらです。

最近私は河北新報社説コラムで練習しています。社説は1000字、コラムは500字程度ですから、もし1万字打つなら10回から20回も練習する必要があります。目が回りそうですね。

語弊を恐れずに言えば、私は速度を競う世界から身を引こうと考えています。表現として正しいかは分かりませんが、一般的に想定されるPCユーザーが積む練習過程は既に十分考慮できたと思っています。
jigendaddy.hatenablog.com
ここから先は、原則として一文字もミスが許されない状況でのコピー打鍵や日本語の教育課程にある人達を想定してtsf-tutcodeで後置型変換方式を中心に練習します。もし速度を競うのであれば慣れていないのを差し引く必要があるにしても、これまでより明らかに遅いです。文章中に使用されている漢字の読みと違うかなを打つ必要がある場面も珍しくありません。

その分正確性が上がり、漢字の知識を勉強しながら打てるのがメリットです。それでは話にならないと思われる方もいるでしょう。しかし私にとってはこれが実用です。競技とは全く違う世界ですね。

よりニッチな分野ですが足を踏み入れている人が少ない分やりがいもありそうです。キーボード沼や配列沼という言葉は聞きますが、IME沼は聞いたことがありません。それだけ参入が難しい分野なら検証の余地が残っていそうです。